ワキの黒ずみ

ワキの黒ずみの原因について

ワキの黒ずみが起こってしまう原因には何があるのでしょうか。

 

まず、黒ずみの原因としてメラニン色素の過剰な産生があります。メラニン色素は紫外線にさらされた場合、細胞が組織の保護を目的として産生する色素ですが、紫外線以外の物理的な刺激によっても産生が行われます。

 

メラニン色素を生み出してしまう物理的な刺激としては、過剰な洗浄、タオルなどでごしごしとこすって洗うとか、かみそりでふかぞりしてしまうなどがあります。

 

特に、ワキの皮膚は、ほかの部位に比べて刺激に弱い傾向があるので、余計にやさしく扱う必要があります。洗浄の仕方は、ボディ洗剤をあわ立てて優しく包み込むように洗います。

 

洗い流すときもぬるま湯程度のお湯でゆっくり洗い流すといいでしょう。また、かみそりでワキの毛を処理する場合、あまり強いかみそりは使用しないようにします。

 

男性用のかみそりは刺激が強くなるため、処理をする際は女性用のわき処理用かみそりを使用するといいでしょう。かみそりの使用方法ですが、決して皮膚に強く押し当てたりせず、なでるように剃ります。

 

剃るときに、ボディソープやクリームなどを塗っておくとよりいっそう刺激が少なくなるためおすすめです。また、わき毛の処理や、洗浄方法のほかにも夏場は制汗スプレーにも注意する必要があります。

 

制汗スプレーは細かい粒子でできているため、夏場汗をかくわきの下に噴射すると、毛穴をつまらせてしまい、汚れが蓄積してしまいます。その結果、毛穴が老廃物で黒ずんでしまうということが起こってしまいます。

 

このようなことを防ぐためにも、制汗スプレーを使用する際には、あまりワキの近距離から噴霧せず、適度な距離からの噴霧を心がけ、スプレーを使用した日はワキの洗浄に気を配るといいでしょう。

 

ワキの黒ずみの予防と改善

 

ワキのムダ毛処理は、一年中通してかかさないという人は多いです。ファッションとして、冬場でもワキを露出する服などもありますから、それらの関係からワキ毛の処理は欠かせないという人もいるでしょう。

 

ですが、それに伴って、ワキの黒ずみが気になってしまうということがないのでしょうかワキというのは、意外にもとてもデリケートな場所なのです。その場所にダメージを与え続けていれば、黒ずみと言う結果として出てきてしまったりします。

 

では、予防するにはどのようにすればいいのかについてですが、ワキ毛の処理をした後には、きちんとケアを行う必要があります。顔の毛穴のケアをするように、ワキにも必要なことなのです。

 

化粧水などで、きちんとケアを行うようにしてください。そうすれば、予防することだって出来るのです。それを尾答えれば、黒ずみになってしまうことがあるのです。

 

自分で処理を行ったり、服に擦れたしまったことによって、色素沈着してしまい、黒くなってしまうのですから、そのダメージを軽減してあげることが必要で化粧水などでケアしてあげることが必要だといいましたが、そのときに使う化粧水としておすすめなのが、豆乳やイソフラボンが配合されているものです。

 

もともと、イソフラボンには美白効果のある成分が含まれていることで知られています。

 

その美白効果がある化粧水を使うようにすれば、少しずつ黒ずみをとることも出来るのです。

 

予防するときに使用するのもおすすめですが、すでに黒ずみが出来てしまっていて、それを改善したいと考えている人にも、この化粧水はおすすめです。

 

他にも、美白効果があるものを使えば、黒ずみが改善するので、普通の化粧水を使うよりは、そのような効果があるものを使うのがおすすめです。

 

 

きれいな肌を保つために、まずワキの黒ずみの原因を理解しておくことが、大切と言えるでしょう。